【未来予測】2040年、地球上から犬・猫が消える

1: 2016/06/23(木) 07:01:14.30 

2015年12月、野村総研がイギリスのオックスフォード大学との共同研究の結果、「2030年以降の未来において日本の労働人口の49%の仕事が人工知能やロボットに置き換わる」という研究結果を発表した。

人工知能が囲碁の最高峰の棋士を打ち破り、グーグルの自動運転車が人間よりも低い事故率で実験走行を続けている昨今であるから、人間の頭脳をコンピュータが上回るのは時間の問題だと考えられてきたが、日本人の半数が失業する可能性があるというのはそれなりに衝撃的な数字である。

ただ仕事がなくなるだけという意味では人間はまだましである。2040年の未来ではある動物が世界中から姿を消してしまうかもしれない。それがわれわれの友達である「犬」である。

■イギリスから消えたアノ動物

「過去、似たような事例があった」というところから話しをしよう。

産業革命が起り、機械が発達したイギリスでは、機械のおかげで大量の失業が起きた。20世紀初頭の話だが、それでも人間は何とかして代わりの仕事を見つけて、生活の糧を得ることができた。

しかしその頃、イギリス国内だけで325万頭も飼育されていたある動物が、機械のおかげで無用の長物となり、イギリス全土から半世紀かけてほとんど姿を消していくという現象が起きた。

イギリスだけでない。アメリカでも、ヨーロッパ諸国でも、そして日本でも。街中に普通の光景として存在したある動物が消失した。

それが馬である。

馬車などの移動手段として、また農耕の仕事に欠かせなかった馬は、自動車やトラクターが発展し、道路が舗装され整備されていく過程で、コストが合わなくなり、飼育されなくなっていった。

もちろんコストが合わないからといって殺されたわけではない。むしろ生きている間は馬は大切にされたのだが、次の世代に需要がないということで交配されずに、多くの馬たちが生涯独身で寿命を終えていったのだ。

■ペットとして愛された犬や猫が激減する

さて、現代の家庭の中に普通に家族の一員として存在する犬と猫。日本ではいまや、12歳以下の子どもの数の倍の頭数のペットが飼育されている。スーパーでもホームセンターでも、ペット用品の売り場が大きな面積を占めていることからそれは自明だろう。

ところがこれから先の近未来、AIの進化に伴い、家の中に犬よりも高性能のペットが登場するようになるだろう。イメージしやすい言葉で言えば、家の中に、リアルにピカチュウやジバニャンが入り込んでくるようになる。

かわいらしさは犬や猫と同じだが、ピカチュウはあなたの話相手になってくれるだろう。ジバニャンはちょっとへこんだあなたを見て、コンビニでスイーツを買って戻ってきてくれるかもしれない。

いや、ドラえもんがあなたの代わりに「行きたくない仕事をこなして」くれたり、チョッパーが「お金を稼いで」くれるかもしれない。なにしろ本気を出せばAIはあなたよりも賢いのだ。

最初はソニーのAIBOのようにおもちゃのようなロボットだとみんな思うだろう。ところが製品は急速に進化を遂げる。2030年を過ぎるころには、現代ではアニメの物語の中にしか存在しない、言葉をしゃべってくれるかわいいあなたの相棒が、普通に通販で手に入る時代がやってくる。

家の中に愛すべきジバニャンが住み着くようになったとき、それまでのペットはどうなるだろう? もちろんこれまで愛してきたチワワのチャーミーやミニチュアダックスフントのペペたちは寿命が来るまで家族の一員だ。しかし、ペペが死んであなたがペットロスに陥った後、あなたに新しい犬のペットを飼う気持ちが再び起きるだろうか?

これが1920年代から1950年代の先進国で馬の身に起きたのと同じことである。

かつて生活の中で馬の居場所がなくなっていったのと同じ、これからの数十年間でゆっくりと犬の居場所は世界から無くなっていく。

「そんな世界は嫌だし、そんな行動は自分はとらない」

そうあなたは言うだろう。少なくともあなたの家の中にジバニャンがやってくる日までは。
(文/ホラッチョ)

2040年までに地球上から犬や猫が消える!? 彼らの居場所がなくなる理由とは? - TOCANA
2015年12月、野村総研がイギリスのオックスフォード大学との共同研究の結果、「2030年以降の未来において日本の労働人口の49%の仕事が人工知能やロボットに置き換わる」という研究結果を発表した。 人工知能が囲碁の最高峰の棋士を打ち破り、グーグルの自動運転車が人間よりも低い事故率で実験走行を続けてい...
6: 2016/06/23(木) 07:05:35.96 ID:iFh7kopx0
犬猫がいなくなるわけがない。

 

140: 2016/06/23(木) 08:06:41.20 ID:gVLYGrQ+0

>>6
全然あり得る話だよ
野菜だって作りすぎたら潰して調整するんだよ?

値段上げたいって事さ

 

412: 2016/06/23(木) 10:14:14.15 ID:c05vEJ1N0
>>140
野良猫とかたくさんいるのにありえん

 

10: 2016/06/23(木) 07:08:08.60 ID:uyCJu1Jc0
ペット産業がなくなるのは良いこと

 

12: 2016/06/23(木) 07:08:21.99 ID:Gz3x1gKN0
PCはPC、AIはAI、犬は犬、猫は猫

 

14: 2016/06/23(木) 07:08:38.66 ID:vib8dhGY0
その前に飼い主が消えるから

 

19: 2016/06/23(木) 07:09:47.50 ID:IQ6hktGb0
イエイヌとイエネコはいなくなるだろうが野犬と野猫はいるだろいつまでも

 

34: 2016/06/23(木) 07:15:47.74 ID:SHq8IWT40
>>19
野良猫は間違いなく残るが
野良犬はどうだろうな

 

58: 2016/06/23(木) 07:26:25.93 ID:ksMes63U0
>>19
野良猫はよく見るけど野良犬は実際には一度も見たことがないな

 

71: 2016/06/23(木) 07:32:11.20 ID:FICLV25l0
>>58
20年前くらいには東京でも蒲田の飲み屋街とかでゴミ漁ってる野良犬はいたが
当然速攻で保健所に連絡されて追いかけまわされてた
猫と違ってうざい以上に危害危険度が高いから目の敵にされて消えたんだろうな

 

20: 2016/06/23(木) 07:10:37.81 ID:P7/efbj2O

野良にエサをやってるだけで満足してる人もいるからね
エサの必要のないぬいぐるみ擬きに心動かす人は少ないと思うわ

馬も犬猫も家畜だが、馬はは使役動物でペットじゃないし。同列に語れる存在じゃ無いよ

 

24: 2016/06/23(木) 07:11:47.20 ID:eme0RPNW0
人工的に猫のあのモフモフ感が出せるとは思えない

 

35: 2016/06/23(木) 07:15:49.78 ID:tjDYXMzcO
>>24
ほんと
話し相手が欲しくて猫飼ってるんじゃない
もふもふしたいのだ

 

30: 2016/06/23(木) 07:14:28.38 ID:Lwny/KNG0

>>1
>馬車などの移動手段として、また農耕の仕事に欠かせなかった馬は、自動車やトラクターが発展し、道路が舗装され整備されていく過程で、コストが合わなくなり、飼育されなくなっていった。

盲導犬や聴導犬とか道具としては不要になってもペットとしては残るだろ。

 

31: 2016/06/23(木) 07:14:32.05 ID:fCiQ6+kl0
日本にはアイボってペットが居た時期があってな…

 

41: 2016/06/23(木) 07:17:59.12 ID:9L2uEnSW0
俺が先に消えてるわ w

 

56: 2016/06/23(木) 07:26:13.70 ID:rneAnAk20

寿命がないのは魅力的…と書こうとして、イギリスの諺思い出した。

>子供が生まれたら犬を飼いなさい。
>子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
>子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
>子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
>そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

 

427: 2016/06/23(木) 10:28:13.79 ID:YHK1c7440
>>56
いい諺だな
俺の人生でも全く同じことがあった
本当にその通りだと思う

 

60: 2016/06/23(木) 07:27:54.46 ID:yFpbxS2b0
人間だって余りに余ってます

 

95: 2016/06/23(木) 07:41:46.45 ID:tjDYXMzcO
うんこしたり病気になったりも
全部ひっくるめて生き物なんだよ
それが楽しいの
世話する必要なかったら飽きるよ

 

103: 2016/06/23(木) 07:48:25.50 ID:3B6YyF6Z0
>>95
そうなんだよね
トイレの世話したり、どんなオヤツなら喜ぶか考えながら買い物したり
躾したり、時にはやらかされて怒ったり、そんなこんな面倒くさい事もひっくるめて
生き物と暮らす楽しさがある

 

213: 2016/06/23(木) 08:34:47.56 ID:uALqF9450
>>103
機械にやらかされたら本気で腹立つだろうなw

 

228: 2016/06/23(木) 08:40:45.12 ID:0T2rYkXe0
>>95 >>103
そうだよね
電子ペットは生き物とは別物
生きているからこその活動に関わることで、人生が豊かになる

 

64: 2016/06/23(木) 07:29:46.20 ID:jhwnMJdd0
ロボットには毛もないし暖かくもない
いつ爆発するかわからないようなバケモノが犬に変わるかよwwww

 

65: 2016/06/23(木) 07:29:57.12 ID:7TcJ9TZe0
結局みんな消えるんだ
問題ない
【未来予測】2040年、地球上から犬・猫が消える

コメント

タイトルとURLをコピーしました